越谷の新築一戸建てのメリットとは

一戸建て住宅を建築する場合には、その場所はとても重要になります。住宅を建築する場合にはお金がかかりますので、お金のことを考えるのであれば単純に安い土地を購入し住宅を建築するのが望ましいかもしれません。しかしながら、そこに生活をする以上は、便利な所がよいでしょう。便利な場所であれば東京都内の23区がよいですが、土地の値段が高すぎるため、高収入の人しか積むことができないのが現実です。通勤や買い物に便利で、土地の値段がそれなりにやすいところは限られてくるのが現実です。しかし全くないわけではありません。その一つが埼玉県の越谷市になります。越谷市は、人口が34万人ほどで東京に近いのが特徴です。都内でないため土地の値段もそれほど高くないのが特徴です。

新築一戸建て住宅を購入する時のメリット

埼玉県越谷市は、近年開発がめざましい地域の一つです。かつては田んぼと畑ばかりの景色が目立ちましたが、最近は、東武スカイツリー線と武蔵野線の交わるあたりを中心にたくさんのマンションや一戸建て住宅ができており、生活も格段に便利なりました。市の中心部でも新築一戸建て住宅を購入する場合は4000万円台前半で購入することができるでしょう。平均的な間取りは4LDKで90平米から95平米ぐらいになります。車は一台から二台とめることができるほどの土地を所有することが可能です。東京に通勤をする場合は、北越谷駅を利用すれば、北千住まで30分もかかりません。しかも、東武スカイツリー線は都内に行く列車の中でも混雑がしにくい列車です。買い物に行く時もスーパーが多いため、不便はありません。

新築一戸建て住宅を建てる場合のメリット

建築一戸建て住宅を建築する場合、ハウスメーカーや工務店選びが重要になります。これらは市内にたくさんあるため、大手のハウスメーカーを選ぶことも可能です。また古くからある地元密着型の工務店も多く、地元の土地勘がある業者を見つければその土地にあった住宅を建築することが可能になります。市内は勾配が少なくほとんどが海抜3メートルから5メートルほどになっているため、自転車で街を走る場合も苦労することは少ないでしょう。市内の多くは、もともと畑だった場所ですので基盤がしっかりしているのが特徴です。もちろん事前に地盤を確認しておくことが重要になります。周辺は太陽量が多いことも特徴です。屋根に太陽光発電のパネルを設置することで、電気代を安くすることも可能になります。