越谷で新築一戸建てを立てる魅力

越谷市は埼玉県南東部に位置するエリアで、埼玉県の中では県庁所在地があるさいたま市、川口市、川越市、所沢市に続いて人口が多い中核市です。人口は2017年5月時点で約34万1千人になりますが、当市の人口は1970年頃には約14万人、以降年々人口が増加しており、2000年には30万人を超える人口を持つ市に推移しているなどの特徴を持ちます。人口の増加は他のエリアからの移住者数が多い事でもあり、生活環境が充実している証しとも言えましょう。ちなみに、市内には東武スカイツリーラインの蒲生駅からせんげん台駅間の路線駅があり、市内を南北に縦断する形で路線が作られています。さらに、自然が豊富にある公園なども多くあるので子育て環境などにも最適ですし、土地価格が都心部よりも安いので注文住宅で家づくりや建て売り住宅などの新築一戸建ての家に住まいを求める人も少なくありません。

一戸建て住宅を探す時には不動産情報サイトが便利

越谷市は年々人口が増えている事からも、分譲マンションなどの数も多くなっています。しかし、マンション暮らしをするのであれば庭付きの新築一戸建てが良いと感じている人も多いのではないでしょうか。一戸建て住宅を探す場合、中古物件であれば仲介を行っている不動産会社に依頼をすれば希望物件を見つけて貰う事は可能ですが、建て売り住宅や分譲住宅などの場合は、仲介業者が介入していないケースが多くあるため、どのように探せば良いのか分からない人も多いと言えましょう。人口が増え続けている背景の中には子育て環境が良い、東武スカイツリーラインなどの路線駅があるので通勤や通学にも便利などの魅力を感じているからです。新築の一戸建て住宅を探す時には不動産情報サイトを利用する事で、市内で販売中もしくはこれから売り出しが行われる物件情報を集める事が出来ます。

越谷市には自然が豊富にある公園が多数あります

越谷市には、しらこばと運動公園を初め、出羽公園や市民球場、流通公園などの市民のオアシスとも言える自然が豊富にある公園施設があります。これらの公園には緑が豊富にあるので環境が良く子育てに最適な場所です。新築一戸建ては家が新しいだけではなく、庭付きの家を持つ事が出来るなどのメリットがありますし、マンションと違い土地すべての所有権を持つ事が出来るなどの魅力があります。土地すべての所有権を持つ事で、家を建て替える時には自由に建築が出来る、売却をする時も建物は老朽化して価値が下がっていても、土地の価値は公示価格に基づき計算が行われるため、資産価値を持つなどのメリットがあります。尚、新築一戸建てには建て売り住宅や分譲住宅以外にも、土地を購入して希望の間取り、好みのデザインの注文住宅で家づくりを行う方法もあります。