自己管理が大切なインビザライン矯正

歯並びを治して自然な笑顔になりたいけれど、金属の矯正装置を長期間つけるのが気になるという方は少なくありません。接客業などで、他人に見えにくい治療を希望する方のために開発された、目立たない矯正システムのひとつがインビザラインです。インビザラインでは、一人ひとりにオーダーメイドで作るマウスピースを歯に付けて歯並びを治します。マウスピースは治療の進行ごとに新しいものに替え、少しずつ歯を移動させる仕組みです。マウスピースはソフトな樹脂でできていて口の中を傷つけたり口内炎のきっかけになる心配が少なく、色もほとんど透明なので目立たず付け外しも自分でできるので食事に影響しません。ただし、計画通りに治療が進むためには最初に矯正歯科で指導された毎日の装着時間を守る必要がありますから、患者さんの自己管理がポイントとなる治療方法であると言えます。

インビザラインという歯科矯正

歯科矯正といえば、ワイヤー矯正というイメージを持っている人が多いです。ワイヤー矯正は、歯に器具をつけるため、口を開けると矯正をしていることが人から分かってしまいます。金属が目立つので、恥ずかしいと感じる人も多いです。しかし、最近は、インビザラインという、マウスピース矯正が人気になっています。インビザラインは、透明のマウスピースをつけるので、他の人から矯正をしていることが分からないです。食事をするときや、歯磨きをするときには、簡単に取り外すこともできます。外したマウスピースは、簡単に磨くこともできます。装着したときには、多少の違和感を感じたら、少ししゃべりにくく感じることもありますが、何日か装着していると、慣れてきます。そのため、日常生活には全く問題がないです。定期的に歯科医院へ行き、マウスピースを新しいものに変えてもらいます。

インビザラインで歯並びを治そう

歯科矯正をするときに、見た目に分からないようにしたいという人は、インビザラインという方法があります。営業の仕事や、接客の仕事をしている人でも、他の人に気づかれることなく、歯並びを綺麗にすることができます。歯並びが悪いと、虫歯になりやすく、見た目も清潔感がないです。歯と歯が重なって生えていると、歯磨きがうまくできなくて困っている人も、歯科矯正をすることで、綺麗な歯並びを手にすることができます。まずは、インビザラインの治療をしている歯科医院で相談をしてみましょう。すべての歯並びが悪くない人は、部分的な歯だけ矯正をすることができます。例えば前歯が出っ張っている人は、少しだけ後ろに下げるということもできます。部分的な矯正は、費用も安くなります。インビザラインは、取り外すこともできますが、基本的に1日22時間程度は装着をしなければいけません。