インビザラインの治療期間は二年が目安

子供のうちに歯列矯正をするのであれば、治療にはそれほどの時間はかかりません。子供の歯は動きやすいですし、治療は数ヶ月で終わらせられることでしょう。ですが、大人になってからの歯列矯正は非常に時間がかかります。インビザラインでも二年程度は見ておくのがいいでしょう。数ヶ月に一回、新しく歯の計測をして、ちょうどいい形のマウスピースを作ります。それを装着し続けて徐々に歯列矯正を進めていきます。ステージは何度かに分けますから、そのたびに新しいマウスピースを作る必要があります。ただ、マウスピースの作成は今は非常に簡単にできます。すべてコンピューターで計測をして、そのデータを元にしてレーザーで素材を削って正確なマウスピースを作成するからです。人の手で作るのではないので、作成に時間もコストもかかりません。早ければその日のうちにマウスピースは持って帰れます。

子供はインビザラインはできない

歯科矯正を行う時に子供の時に行うのが良いとされています。子供の時に歯並びが乱れることがあり、そのまま成長することでさらに乱れる場合があります。子供の時にきちんと矯正しておくことでそのあと成長したときにきれいな状態にすることができます。子供の時に行うのと大人の時に行うのとでは子供の時に行うのが一般的と言われることもありました。もちろん大人でも行うことはできます。ではその方法の一つであるインビザラインは子供が行える方法かです。この方法の特徴の一つが将来の治療計画を立てて行うことです。その時、あまり顔の形が変わると将来の計画が立てにくくなることがあります。歯が永久歯になったとしてもそれ以降顔の形、あごの形などが変わることがあります。そのために子供の間は避けた方が良いとされます。顔の形がある程度固定されれば行えるようになります。

インビザラインは抜歯は必要ないか

奥歯に生える歯として親知らずがあります。左右上下に一本ずつ計4本あるとされています。かつては特に問題がなかったようですが、現代人にとっては不要な歯とされています。しかし生えてきます。無理やり生えてくるために歯の位置が悪くなったり、痛みが出やすい、虫歯になりやすいなどがあります。場合によっては抜歯によって対応することがあります。もともと不要な歯ので問題はありません。歯並びが悪くなると歯の間隔が狭いところ、広いところなどが出てくることがあります。歯科矯正ではできるだけ元に戻そうとしますが難しい場合、もしくは抜歯をした方がいいことがあります。抜歯をした後にその葉がない状態できれいになるように矯正していきます。インビザラインを行う時も医師と相談したうえで抜歯をすることがあります。医師によって抜歯をあまりしない人と積極的にする人がいます。