新築一戸建てを越谷で建てる時のポイント

越谷市は、埼玉県の市町村の中でも注目されているところです。2000年以降は、関東地方の中でも有名な大型ショッピングモールが建設されており、人口が増えてきました。それに合わせて武蔵野線の駅も増えており、交通の便がますます良くなっています。埼玉県南部の地域の中では開発が遅れていましたが、最近になってようやく開発に拍車がかかっています。場所は、東京からも近く東武スカイツリーラインや武蔵野線を利用すれば、東京の主要地域に30分程度で行くことができます。東武スカイツリーラインは、東京の北千住まで10分程度で到着できますので、通勤や通学をする場合は便利です。しかも、東京行きの列車も朝それほど混まないのがポイントです。山手線に接する先がないため、乗客が少ない傾向にあるため、他の路線に比べると快適に通勤することができるでしょう。住むには良い場所と言えます。

新築一戸建て住宅の傾向はどのようになっているか

越谷市で新築一戸建て住宅を建築する場合は、いくつかのポイントがありますが、交通の便が良いところを狙うのであれば、南越谷周辺を選びましょう。その辺は、最近開発されたところが多くなりますので道幅が広く、車を利用する場合も不便はありません。ただし、駅の近くは大きな土地が売られておらず、駐車場などを十分にとることができない場合は、3階建てなどにする必要があります。2階をリビングにして水回りは全て2階に持ってくる設計が良いでしょう。大型ショッピングモールのあたりに新築一戸建て住宅を建築するならば、渋滞を避ける必要があります。普段であれば渋滞する事はあまりありませんが、休みの日になると渋滞が多くなります。特に午後1時から夕方にかけては、渋滞が激しくなりますので、その点も考慮して土地を選びましょう。

海抜が低いことがポイントになる

越谷市の特徴は、全体的に海抜が低いことです。埼玉県の南部には大宮台地があり、その辺の海抜は15メートルから20メートルほどになっています。ところが市内には大宮台地がないため、ほとんどの所では3メートルから6メートルほどの海抜です。しかも、市内の中央に大きな川が流れているため、水害になった時の対策を考えて住宅を建築しましょう。例えば、玄関を高いところに持っていくことで、床下浸水を避けることが可能になります。また、わずかにある海抜の高いところに住宅を建築しても良いでしょう。地盤調査も必要になります。もともと田んぼや畑だったところであれば問題ありませんが、かつては沼地がいくつかあったため、それらを埋め立てて土地を販売しているところもありました。そのような所は地盤が弱い傾向にありますので、事前に調査をすることが重要です。

ポラスプランニングキューブ「暮し発見舘」は千葉県松戸市にございます。 自社で生産量・品質・精度において日本トップのプレカット工場を運営しています。 ポラスグループのオリジナル耐力壁の強さは全国トップレベルです。 バスツアーは小さなお子様も安心、ぜひご家族でご予約ください。 地域密着経営により、住宅価格に含まれる運搬費を大幅削減し価格に反映しています。 新築一戸建てを越谷でお考えなら!