インビザラインは装着時間を守ることが大切

歯の矯正治療には従来のワイヤーやブラケットの金属製品を利用する方法が多く使用されていました。ですが見た目からひと目が気になる人や、金属アレルギーなどがある人は利用することができませんでした。そんな中マウスピース型の矯正治療としてインビザラインがあります。透明なマウスピースなため人の目を気にせず利用でき、アレルギーなどを気にせず利用できます。また最大の特徴はマウスピース型なので自分自身ですきな時に着脱が可能です。その為マウスピースを掃除して衛生面でも安全に利用することができます。ただし着脱が可能ではありますが、装着していなくてはいけない時間というものは決められています。基本的には1日20時間から22時間は装着しておく必要があるので、寝ている間も外さずつけておくことは基本です。外してしまうと歯が動かず矯正治療は進まないため、装着時間はしっかり守るようにすることが重要です。

インビザラインでも治療出来ない場合はあります

歯の矯正治療として人気があるのが、インビザラインの矯正治療となります。透明なマウスピースを歯に装着することで、歯を少しずつ動かして矯正を行っていきます。目立たない透明なマウスピースなので、人目を気にせず治療ができ着脱可能なので掃除もできるため衛生面でもおすすめな治療法です。ただし全ての人が治療できるというわけではないので注意が必要です。歯並びの状態や口腔内なのど状況によってはマウスピースを装着出来ない場合があります。またマウスピースの型を使用した矯正には、適応性の違いや希望する歯並びにまで矯正することができない場合もあります。そのためマウスピースだけでなく従来の金属製のワイヤーやブラケットを併用し、歯の矯正治療を行う場合も出てきます。そのため、インビザラインでの治療を行う場合は最初のカウンセリングなどが重要になってくる治療になります。

インビザライン矯正の特徴とメリットを整理する

インビザライン治療では、マウスピースの形をした矯正器具を使用して歯並びを治します。この治療の一番大きなメリットは、矯正器具が他人から目立ちにくいことです。色は透明に近く、医療用の樹脂を使って薄く作られていますので矯正治療中であることを知られたくない方や、接客業のお仕事で審美性が気になるという方に特におすすめです。またインビザラインの大きな特徴のひとつに、患者さんが自分で付けたり外したりができるという点があります。例えば飲食の際には外せるので、治療前と同じように食事を楽しむことができます。またインビザライン矯正では、その方の歯型からオーダーで作るマウスピースを治療段階に応じて交換しながら少しずつ歯を動かしていきます。ひとつのマウスピースで動かせる歯の移動分が決まっているので、他の矯正装置に比較した場合に痛みが少ないのもこの治療のメリットのひとつです。